北斗の拳コレクションフィギュア北斗四兄弟編

  • 2019.04.03 Wednesday
  • 00:00
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

■こちらでは新入荷及び入荷予定商品、またおすすめ商品のご紹介をさせて頂きます。

本日は、北斗の拳より『北斗の拳コレクションフィギュア北斗四兄弟編』の全4種となります。
セット内容はケンシロウラオウトキジャギとなります。
当店HPでもお求めいただけます。(完売の場合はご了承願います)
★SMILE BEANSを宜しくお願いします。

今回ご紹介させていただきます商品、2003年に発売されましたプライズ商品となります。
大人気シリーズとなりました、北斗の拳「コレクションフィギュア」シリーズより、北斗四兄弟、ケンシロウ、ラオウ、トキ、ジャギの登場です。
一子相伝の北斗神拳を修行するために師匠63代伝承者リュウケンの下、長兄ラオウを筆頭に正統伝承者になるべく修行した複雑な関係の北斗四兄弟長兄ラオウ、次男トキとは血のつながった本当の兄弟、奇しくも伝承者には選ばれなかったが世紀末覇者拳王して、剛の拳の使い手で、国王軍を率いで乱世を恐怖に陥れました。数々の拳の使い手を葬り去りました。
次男トキは、実兄ラオウとは正反対の柔の拳、北斗神拳史上もっとも可憐といわれた拳の使い手で、死の灰を浴びる前は最も伝承者にふさわしいとされた実力の持ち主。体の無理を押してまで戦ったラオウと死闘は壮絶ななかに兄弟愛が垣間見えるせつないものでした。
三男ジャギ、四兄弟のなかでは異色ともいえる存在、残虐非道、なんでもありの戦い方でケンシロウの怒りを買うことに、幼いころにケンシロウに秘孔をつかれた変形した頭部を隠すためヘルメットを着用し、傷を付けたケンシロウへの憎しみは尋常ではなかったが最後はケンシロウに倒される。
北斗四兄弟の四男にして正統伝承者となったケンシロウ、ラオウ、トキと同じく「修羅の国」の生まれ、長兄ラオウとの戦いの後、修羅の国にわたりラオウ・トキの兄カイオウ、実兄ヒョウとも闘いました。北斗神拳創始者のシュケンの子孫でもある。修羅の国より帰ってからはラオウの忘れ形見と旅をしている様子。
フィギュアのサイズはケンシロウ、トキが約12僉▲薀ウが約13cm、ジャギが約11cmほどで、細部までこだわりの造形、各キャラクターの印象的なポーズで納得の出来栄え。
同シリーズにはまずらしいブリスターパック使用でそのまま飾っていただいても様になるフィギュアとなっております。

こちら紹介画像となります。
未開封のためパッケージ越しの画像となります。

イメージ



ケンシロウ






ラオウ





トキ





ジャギ







北斗の拳コレクションフィギュアの中でも大人気だった因縁の4兄弟をはじめ、またその他最強の漢、そしてヒロインと充実したラインナップでお勧めです。そんなコレクションフィギュアシリーズやその他北斗の拳関連商品HPに掲載おりますのでのでご興味ありましたらご覧ください。

■お求めになりたい商品がございましたら、バナーをクリックしてください。
※ご注文される際は必ずINFOMATIONにある
【ご注文の流れ】をお読み下さい。
★SMILE BEANSを宜しくお願いします。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM